アングラーを強力にサポート。プロショップウインズは、ルアーフライフィッシングのプロショップです

お問合せ

2019バスコンペ第二戦

2019 年 6 月 25 日 投稿者:プロショップウインズ

バスコンペ第二戦が23日芦ノ湖にて開催されました。

 

日程的にアフターから回復位と考えたのですが、

季節遅れでまだまだネストが若干残る状況でした。

 

前日に放流も行われたようですが、

なかなか口を使わず、ほとんどが、ネイティブのバスとなりました。

雨が降ったりとバスの活性は高いようでしたが、

なかなかムービング系のルアーでは厳しい状況でした。

 

優勝  田中 哲治様  4,930g

準優勝 田中 浩樹様  3,000g

三位  横田川 英樹様 2,025g

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダイイングフラター

2019 年 6 月 22 日 投稿者:プロショップウインズ

ヘドン、ダイイングフラター、再生産が決定しました。

カラーもなかなか。

 

スミスから販売ということで、

ファクトリーカラーもあるのでしょうか?

BWS チューンドバックウォーター

2019 年 6 月 14 日 投稿者:プロショップウインズ

モーリス グラファイトワークスBWS チューンドバックウォーター

入荷しました。

 

流行、渓流ベイトのパックロッド。

いつもながら、この価格でこの金額は安い!

渓流ベイトを探していたならコレ。

フロッグ マッドラッド50

2019 年 6 月 11 日 投稿者:プロショップウインズ

フロッグプロダクツ、マッドラッド50入荷。

釣れそう!

エクスタン ファイナリー

2019 年 6 月 1 日 投稿者:プロショップウインズ

ディスプラウト、エクスタンファイナリー、ebst-511ul、入荷しました。

 

最後のエクスタン、

エクスタンシリーズは、発売からいままでにない仕様、アクションのロッドを追及してきた。

 

ウンデッド ファクトリー

2019 年 5 月 28 日 投稿者:プロショップウインズ

スミス、ファクトリー、ウンデッドスプーク、

カラー決定しました!

オールウェイク110 スーパーマルチ

2019 年 5 月 27 日 投稿者:プロショップウインズ

ジャンプライズ オールウェイク110 スーパーマルチ、入荷しました。

 

オールウェイク中、最長の11フィート。

最近どんどんロッドが長くなっていく。

素材、製法等が進んできて、

ロングロッドでもどんどん軽く扱いやすくなってきているので、

当然の方向かもしれない。

 

モンスターバトルモデルと違って、

ティップ部が繊細。

この繊細なティップが、10g以下の小さいルアーの使い勝手を良くしている。

モンスターバトルモデルより、

ルアーの幅が広いし、

初心者からベテランまで扱いやすい。

 

旧105ではティップ部が少し長くて、

強く振った時にティップが曲がって叩いてしまうような感じがあったが、

このロッドは、曲がるティップ部を短くして、

キャスト時のロッドの収束を早くして、

105の欠点をクリアしている。

 

個人的にはちょっと長いと思うけど、

11フィートでもこんなに扱いやすくできるぞ!

どうだと他社に語っているロッドのような気がする。

ラインスラック

2019 年 5 月 25 日 投稿者:プロショップウインズ

このたび、ラインスラックさんの商品を取扱スタートさせていただくこととなりました。

 

以前よりお客様からもご希望があったのですが、

ご縁がありまして取引開始となりました。

 

新色セビレからの取り扱いとなります。

西湖ヒメトロ

2019 年 5 月 24 日 投稿者:プロショップウインズ

19日精進湖のバスコンペ中、

時間があったのでお隣、西湖でヒメトロをしてみました。

 

状況的には厳しいと聞いていましたが、

ペラを使ったトローリングではアタリも多く、

タナとポイントをつかんだ後半は連続で当たりました。

 

ヒメマスおいしい魚、

近隣ではここ西湖と芦ノ湖でできます。

 

西湖のヒメトロは、白根さんで詳しく!

 

2019バスコンペ第一戦

2019 年 5 月 23 日 投稿者:プロショップウインズ

バスコンペ第一戦が19日精進湖にて開催されました。

 

大減水の富士五湖、

満月大潮ということで、スポーニング一色と思われたのですが、

連休後の暖かさで、既に先週からスポーニングに入っており、

アフターのものも多く、なかなか簡単にはリミットメイクできない

という状況でした。

 

優勝  清水 栄次様  3,978g

準優勝 横田川英樹様  3,536g

三位  松浦 一人様  3,462g  (5匹重量)