アングラーを強力にサポート。プロショップウインズは、ルアーフライフィッシングのプロショップです

お問合せ
トピックス トピックス一覧

スーパーエアリアルレジェンド

2018 年 11 月 15 日 投稿者:プロショップウインズ

エバーグリーン30周年記念、

スーパーエアリアルレジェンド入荷しました。

エアリアルシリーズ、

特にインスパイア、エアリアル60ULは、こうしたある程度の価格帯のロッドの中で、

最も売れたロッドなのではないだろうか?

90年代後半、時代を凌駕したといっていいロッド。

緩急の激しい、独特なアクション、

緩急の境目での折れが心配されるかなり危険なロッド。

 

今回の63ULスーパーエアリアルを見る限り、

少しマイルドに扱いやすくなっているような感じか?

 

今どきの張りの強さを抑えた、

しなやかな曲がりは顕在か。

バズンバグ

2018 年 11 月 13 日 投稿者:プロショップウインズ

フロッグプロダクツ、バズンバグ、インジェクションモデル入荷しました。

トップシーズンもあとすこし、

まだまだ暖かい日には釣れています!

 

マキッパ

2018 年 11 月 10 日 投稿者:プロショップウインズ

メガバス、マキッパ入荷しました。

ただ巻くだけ、ブレイドで魚を寄せます!

 

 

アーリーフォーサーフ

2018 年 11 月 8 日 投稿者:プロショップウインズ

ヤマガブランクス、アーリーフォーサーフ、3機種入荷しました。

 

従来モデル、アーリープラスとは、素材も設計も違う、

まったく別アイテムという感じ!

国産で、この価格で、この品質、アクション、

この価格帯では別格です!

 

フォースプライム HAL

2018 年 11 月 2 日 投稿者:プロショップウインズ

ディスプラウト 、エクスタンツインファイヤー ebst-511UL ForcePrime HAL

入荷しました。

 

エクスタンの中でも名竿?なのか、

もっとも人気のモデル、

DSベビーバイブとの相性も抜群!

オールウェイク106モンスターバトルリミテッド

2018 年 11 月 1 日 投稿者:プロショップウインズ

ジャンプライズ 、オールウェイク106モンスターバトルリミテッド入荷しました。

 

説明によると、発売中の108のガイドをトルザイトからSiC-Sに変更したことによる

ベストパフォーマンスの追求とのこと。

SiC-S、まだまだご存じない方もあると思いますが、

詳しくはこちらを

ここまでSiC-Sに焦点をあてて考えられたのは初めて?

 

振ってみた感じでは、

108を強さはほぼ同じ感覚だが、

短い分だけ曲がりにくく、シャキッとした感じ。

扱いやすさもアップ!

高弾性化?というか

高弾性のセカンドプリプレグを108よりティップまで上げたか・・・?

 

しかし108のほうが、曲がる分だけルアーキャストウエイトの幅が広い、

いろいろなルアーが扱いやすい、

 

どちらが好み?

 

 

 

トトブリック

2018 年 10 月 30 日 投稿者:プロショップウインズ

フロッグ プロダクツ、トトブリックが再入荷。

今回は、カラー数量もそれなりにありますので・・・。

DSベビーバイブ

2018 年 10 月 26 日 投稿者:プロショップウインズ

ディスプラウト、DSベビーバイブ、再入荷しました。

今年の新色、プレパーカラーも入荷済みです。

 

同じタイプのルアーが出ても

やっぱりこれにはかなわない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ディスプラウトがチャタクラ、イーグルプレイヤーと

オリジナルのプラグがありながら、

コラボルアーのこれがまだまだ高い評価を受けている。

トイマシーンスーパーレイティブ

2018 年 10 月 23 日 投稿者:プロショップウインズ

フロッグプロダクツ、2018トイマシーンレイティブ、入荷。

毎年恒例となった年一回の入荷、
今年はかなり苦労したような話を伺っております。
同カラーのモデルのリピート生産はありませんので.

一生もののこのリール、気に入ったカラーはお早めに!

バスコンペ第四戦

2018 年 10 月 22 日 投稿者:プロショップウインズ

ウインズバスコンペ、第四戦、10月21日開催となりました。

 

前日の夕方、前線の通過によってかなりの雨が降り、

大会日の天候が心配されましたが、

秋晴れ、ほぼ無風という絶好の状況となりました。

 

今年、富士五湖は4年ぶりの大増水。

冠水植物に大型のバスがついているとのことでしたが、

ここ一週間の寒さでターンオーバーがすすみ、

エリアによって釣果の差が大きい大会となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

優勝  田中哲治 様     2,774g(5匹)

2位  藤岡 宏 様     2,266g(5匹)

3位  田中浩樹 様       2,074g(5匹)